読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EQ-道場

スポーツカートに夢中な管理人が気ままに続けるブログ

【圧縮比】が語るエンジン性能

機構 空冷2ストローク
バルブ システム ピストンバルブ
排気量 97.6cm3
内径×行程 52×46mm
圧縮比 7.9:1
始動方式 セル式
キャブレター WARBRO WB-3A
点火方式 T.C.I
スパーク プラグ NGK B9EV
潤滑方式 混合(25:1)
変速 遠心クラッチ付 (乾式SLクラッチ)

 

この表が何か分かる方がいるだろうか?
もしいたら相当なヤマハマニアの方だろう。

 

この表はヤマハがスポーツカート用に出しているエンジンの
カタログスペックです。

www.yamaha-motor.co.jp

 

さて、なぜこんなスポーツカートのエンジンスペックを
持ちだしたのか、、、

 

それはカートショップのオヤジさんと仲良くなるためです。

 

なにか新しいことを始めるときは

「何をやるかではなく、誰とやるかだ!」

誰が言い出したかは定かではないが、
成功者への第一歩として有名な言葉です。

 

カートがどんなに素晴らしいスポーツでも、
あなたがどんなにやる気に満ち満ちていても、
1人でやっていたのでは上達は見込めません。
※仲間と一緒でも同じです

 

では、どうするか、、、

 

あなたを導いてくれるメンター(師匠)が必要です。

もし、あなたの知り合いでレースに出場されている方が
いらっしゃるならその方と一緒にやるのが良いでしょう。

しかし、そういう方が身近にいらっしゃる方は
それほど多くはいないでしょう。

 

そんなとき、心強い味方が
カートショップのオーナーです。

 

特に、エンジンのO/Hなどメンテナンスを
請け負っているショップがお勧めです。

 

でも、、、

 

そうは言ってもオーナーさんにメンターになっていただくには
まずは仲良くならないと行けません。

そのためのネタがエンジンなのです。

カートショップにフラット来た素人がエンジンについて
知識を持っているなんて思う人はいません。

オーナーさんも当然そんなことは期待していません。

そんな中、あなたが突然、

「圧縮比の適正値とそれを考慮したチューニング方法」

について語りだしたらどうでしょう。

「なんだコイツ?」と思いながらも、
目がキラキラと輝き出すオーナーさんの様子が目に浮かんできませんか?
(圧縮比が何なのかはWikipediaに詳しく書かれているので見ておいて下さい)


そうなったらこっちのものです。
聞いてもいないのに知りたくも無いほど沢山の

そしてマニアックな知識、コツを延々と教えてくれます。
もうあなたはオーナーさんへ弟子入りできたも同然です。

 

最後に、、、

 

「これからカートを始めるのに、まず何からはじめたらよいか?」
をオーナーさんに伺い、
その場で(もしくは一週間以内に)買って帰りましょう。

そして一週間後にまた遊びに行って買ったものの
感想を伝えてあげればカンペキです。