読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EQ-道場

スポーツカートに夢中な管理人が気ままに続けるブログ

スローイン・ファーストアウトは速いのか?

コーナーを曲がるときの
基本として、
スローイン・ファーストアウト」
というテクニックがあります。

これは、曲がるとき
スピードが速過ぎないようにする
ためのテクニックです。

ここでみなさん疑問に思うのは

スローインって速いの?」

ということ。

 

答えは簡単、、、
遅いです。

スローなんだから、遅いに決まってます。

 

しかし、、、

 

スローインをやらないと、
もっと遅くなります。

 

 

スローイン・ファーストアウトは
2つの意味があります。

1つ目は「操作の手順」
2つ目は「リスクマネジメント」

ピンとこないと思うので
詳しく書いていきます。

 

まず、操作の手順です。

f:id:EQ_doujou:20160413074402p:plain
お馴染みのタイヤに掛かる力を表す図です。
(詳しくはこちら

コーナーを曲がるときの理想は
図の様に、

①はじめ減速し、
②徐々に曲がりはじめ、
③徐々に加速をしていく。

で、このタイヤに掛かる力の図は
運転の操作に読み替えることができます。

つまり、

減速=ブレーキ
曲がる=ハンドル操作
加速=アクセル

 

そうすると、
コーナーの曲がり方は、
①まずはしっかりブレーキを
踏んで減速
②スピードが落ちたら
徐々にハンドルを切りだす
③頂点を過ぎたら
徐々にアクセルを踏み込む

 

スローイン(まずはブレーキ)・
ファーストアウト(出口はアクセル)ですね。

初めての人は
この手順を知らないので
「とにかく速く走るんだ!」
といって、

ファーストイン(とにかくアクセル)・
ファーストアウト(とにかくアクセル)

で、結局
曲がりきれなくて遅くなる。

ファーストイン・ファーストアウトでは
いつまでたっても
上達できません。

タイヤの限界を意識して、
スローイン(まずはブレーキ)・
ファーストアウト(出口はアクセル)
を心がけましょう。

 

次に「リスクマネジメント」です。

こちらは比較的分かり易いです。
理想は、
タイヤの限界に沿って
曲がることです。

 

しかし、、、

 

限界を超えると
スピンしてしまいます。

この限界ギリギリは
とてもシビアで難しいのです。
F1ドライバーですら
完璧にはできません。
F1を見ていると①レース中に
4〜5回はスピンしています。

そんなシビアな走りに挑戦して
スピンするくらいなら、、、

ちょっと遅く走って、ミスしない

その方が結果的に速く走れます。

 

ちなみに、カートの運転で
一番難しいのがブレーキです。
(次がハーフアクセル)

なので、
スローインでミス無く行ければ
ファーストアウトのアクセルは
まず失敗しません。
※いきなり「アクセル全開」
なんてことをすれば失敗しますが

なので事さらに
スローインを強調するのです。

 

 

さて、最後にまとめると
遅く走る方が「速い」。

イマイチ納得できないかも知れませんが
実際にコースを走ってみると
よくわかります。

上達できない人は
この事実を知らない人が多いです。