読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EQ-道場

スポーツカートに夢中な管理人が気ままに続けるブログ

再婚夫婦、その末路

兵庫県に住む女性(48)が夫を毒殺した事件、
どうにも違和感があります。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 さて、今回毒として使われた
燃料用アルコール(メタノール)は
どれだけ飲むと死に至るのだろう。

 

さてメタノールの中毒量は個人差が大きいのですが、一般的には10~20mLの飲用で失明し、致死量は80~120mLとされています。 

大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン より)

 

致死量は80〜120mL


コップで半分よりも
多いくらいの量でしょうか。

燃料用アルコールの
メタノール含有量は76.6%。

●成分:メタノール/エタノール/イソプロパノール
●含有量
メタノール:76.6%
エタノール:21.4%
・イソプロパノール:0.3%

 

コップ一杯の燃料用アルコールを
飲むと致死量です。

今回の事件ではお酒に混ぜて
薄くなっています。

致死量に達するには
それなりにの量を
飲むことになります。

燃料用アルコールは500mlで
売られているものが多い。

2Lのパック酒を一部捨て、
500ml全部混ぜたとすると
致死量に達するまで、

約4杯。

酒飲みからすれば
大した量ではないでしょう。
まぁ、晩酌には
ちょうどいい量かもしれません。

 

しかし、、、

 

問題はそこではない。

県警は9日、殺人未遂容疑で妻を逮捕。翌10日に男性が多臓器不全で死亡したため、11日に殺人容疑に切り替えて送検した。その後、神戸地検傷害致死罪で起訴した。殺意を立証できないと判断したためとみられる。

(上記記事より)

「殺意を立証できない」

なぜ!?

 

書いた通り致死量に達するには、
燃料用アルコール一本全て
使わないといけません。

"毒"っていうと
どんなイメージを持つでしょう?

「一滴でも口にすると呻きながら倒れこむ」
そんなのを想像しませんか?

その毒を

「1本全部使う」

もう殺す気としかいいようがない。

そもそも、致死量を調べてないと
殺せないです。

とりあえず「飲ませれば殺せる」
ほどの強力な毒ではないので、

にも関わらず、

「殺意を立証できない」
そして、殺人罪から傷害致死罪に変更。

さらにこの記事、
殺された夫も殺した妻も名前が出てこない。

 

さて、なぜでしょう?