読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EQ-道場

スポーツカートに夢中な管理人が気ままに続けるブログ

疑問だらけのパナマ文書

パナマ文書について、
関係者の反応が疑問だ。

なので、思いつくまま
パナマ文書問題に対する
疑問を書き綴ってみたいと思います。

quasimoto2.exblog.jp

パナマ文書とは
モサック・フォンセカという
法律事務所から流出した顧客情報のこと
または、
その顧客に関する一連の騒動を指す。

 

上記記事にも
紹介されているが、
世界的にタックス・ヘイブン
利用した税回避が
犯罪であるかのように扱われている。

しかし、タックス・ヘイブン
利用した資産運営そのものは
何の問題もない、合法な手段である。

そのことをまず理解しておきたい。

 

さて、記事を見る限り
民衆の怒りの一番の原因は
タックス・ヘイブンが「脱税」行為
であり、国の要人が
脱税をしていた、という主張のようだ。

 

が、

 

最初に書いた通り
タックス・ヘイブンを使った
運営は合法であり、節税である。
記事を見るとあまり認識されていない
ようであるが、
タックス・ヘイブンを使っても
海外への送金や取引に関する
手数料、関税は発生する。

合法な手段を用いて税金を
安く抑えるために奔走している。

それを脱税と一方的に非難するのは
あまり理性的な行為ではないだろう。

日本にも故郷納税という制度がある。

パナマ文書に代表されるような
タックス・ヘイブンが脱税なら
故郷納税も脱税行為だ。
日本は脱税を推奨する法律がある国
ということになる。

 

とは言え、
理論的な見解と
人間の感情は必ずしも一致しない。

例え合法であったとしても
大富豪が税金逃れをしているとなれば
怒りたくなる気持ちも分かる。

 

が、

 

彼らは何に起こっているのだろう?

「脱税をはたらいた犯罪者を追放しろ!!」
という何の根拠もない主張であれば
ただの子供の我儘だ。

怒りを露わにしているのであるから
それなりに被害を被るなり、損をするなり、
正義に反するポイントがあるのだろう。

では、

怒れる彼らの主張ポイントは何だ?

 

まず、考えつくのは
「脱税した企業が正しく税金を払えば
国の財政が潤い、
税金が安くなる」
という考え。

確かに税金が安くなるはずのところを
一部富豪の脱税によって
税金が値上がったら、、、

それは怒り狂うに足る理由だろう。

 

しかし、、、

 

タックス・ヘイブンがなかったとしても
税金が安くなることはない。

税金が安くなるということは
国の財政が満足しており、
必要な政策を100%実行しても
予算が余っている、という状況だ。

そんな状況はあり得ない。

もし仮に無制限に使えるだけの
税収入が合ったとしても、
その収入を使い切るだけの
政策を作り出すことは容易だ。

あなたの家計と貯金額を
思い返して欲しい。
学生時代、まともに稼ぐことが
できなかった時と
会社員として一端の給料を
もらえる様になった今。
月々の貯蓄額は増えているだろうか?

国の財政も同じなのです。
税収が増えれば、
それだけ多くの(または巨額の)政策に
投資できる、というだけ。
税金が安くなることはあり得ない。

 

とすると、、、

 

怒れる彼らは税金に対する不満を
主張しているのなら、
彼らは、ただの我儘小僧
ということになる。

自分の我儘で政治を混乱させ、
国力低下を招く。
そんな政治団体が日本にあった
ような気がするが、
きっと似たようなものなのだろう。

 

 

次に疑問なのは
問題のやり玉にあげられた
要人が素直に罪だと認め、
責任を取っていることだ。

アイスランドに至っては
首相が退陣するまでになっている。

タックス・ヘイブンが脱税(犯罪)行為
であれば、一連の要人達の反応は
理解できる。
社会的に責任ある立場なのだから、
犯罪行為を行っていたなら
責任を取るべきだ。

 

だが、今回は違う。

タックス・ヘイブンは節税であり
脱税ではない。
市民の感情として「納得できない」
ことは理解できるし
何らかの行動を起こさなければ
収集が付かないのも事実だろう。

しかし、それにしては
責任の取り方が重すぎるし、
行動が速過ぎる。

まるで、
「責任を取って辞めるから、
これ以上は追求しないで下さい」
と懇願しているかのようだ。

つまり、
根堀葉掘り追求されると
政治生命以上に大切なものを
失う可能性があるということだろう。

ただ、この先はパンドラの箱
そっとしておくのが
世界平和のためではないかと思う。

 

 

最後に疑問なのが
アメリカの対応。
オバマ大統領はかなり強引な
法解釈を用いて
パナマ文書を犯罪に仕立て
あげようとしている。

各国の要人を失脚させ、
世界情勢におけるアメリカの地位を
確立させるのが目的であれば、
既に流出している文書だけで
十分ではないだろうか?

わざわざアメリカが騒ぎ立てなくても
怒れる民衆が勝手に
自国を衰退させてくれている。
「行動する」という危険を犯す必要はない。

オバマ大統領はパンドラの箱
開けたいのではないだろうか?

もちろん、箱の中身を
公にすることはないだろうが、、、

11月の大統領選挙を迎えれば
退陣することが決まっているこの時期に、
たった半年しかなく、真相を掴んだとしても
オバマ政権では何の対応、対策もできない
にも関わらず、、、

それでも開けたいと思うパンドラの箱

一体何が入っているのだろう?