読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EQ-道場

スポーツカートに夢中な管理人が気ままに続けるブログ

金なんてどうでもいい!名誉を重んじるモータースポーツの世界

競技にはルールがあります。
ルールに違反すると
当然、ペナルティを受けることになります。

このペナルティ。
ルールを良く読み、理解すると
競技者が大切にしている価値を
理解できるため
非常に興味深いものとなっています。

 

ということで、

2016年全日本カート選手権統一規則より
ペナルティに関する記述を紹介します。

第6章 ペナルティに関する事項

1.ペナルティは次の6種がある。
1)警告
2)罰金
3)タイムペナルティ
4)ポイントペナルティ
5)ラップペナルティ
6)失格(当該タイムトライアル、ヒート、
またはレースの失格)

1)警告、2)罰金、6)失格は
カートレース以外でもある
ペナルティなので分かり易い
と思います。

3)タイムペナルティ、4)ポイントペナルティ、
5)ラップペナルティは他のスポーツにはない
独自のペナルティです。

3)タイムペナルティ、5)ラップペナルティ

カートレースでは順位の決め方が
独特で他の競技と違います。

着順で順位が決まらないのです。
(といっても大体は着順になるんですが、、、)

「レースの順位は次の順序により、
周回数の多い順に決定される。」
「同周回数の場合は、その周回を
先に完了(コントロールライン通過)した者を
優先する」

レースはチェッカーフラッグが
出されたら終了です。

トップのカートがゴールしたら
その周回で全てのカートは
レースを終わることになります。
周回遅れになると、最後まで
走れずに終わるのです。

で、

ラップペナルティというのは、
ゴールした後、周回数を減らす、、、
つまり、周回遅れと同じ扱いを受ける
というもの。

例えトップを走っていても
ラップペナルティになるような
違反をすると一気に順位が
落ちてしまいます。

タイムペナルティも同じで、
ゴールした後、タイムが加算されます。
2位、3位の選手と接戦だったりすると
ペナルティにより順位が入れ替わります。

しかし、
ダントツトップとかだと
ペナルティを受けても順位がそのまま、、、
ということもあります。

 

反則したのに優勝、、、

 

喜んでいいのか微妙です。
称えることもちょっとはばかられる。

 

4)ポイントペナルティ

これは順位をダイレクトに
落とすペナルティです。

カートでは年間を通して何度もレースを行う
シリーズ戦といわれる大会があります。

野球のペナントレースと同じで
その1レースだけ「たまたま速かった」
ではなく、本当の実力を争います。

カートの場合、順位に応じてポイントがあり
年間獲得ポイントが多い選手が
シリーズチャンピョンとなります。

ポイントは大会によって異なりますが
全日本カート選手権の場合
1位が25ポイントで、
20位までポイントが獲得できます。

ポイントペナルティはそのレースで
獲得したポイントを減らす
というペナルティです。

ちなみに、ペナルティとは
関係ないですが、、、

シリーズチャンピョンがポイント制なので
カートレースでは
「一回も優勝しない無勝のチャンピョン」が
誕生する可能性もあります。


カートではないですが、
GT300というカテゴリの
2013年シリーズチャンピョンは
一度も優勝していません。

 

1)〜6)のペナルティは後の方がより
重いペナルティになっています。

2.警告はその必要ありと認められた
軽反則に対して発せられる。
3.罰金は成績に対するペナルティには
至らない違反に適用される。
4.タイムペナルティは失格には
至らない違反に適用される。
5.ラップペナルティは失格には
至らない違反に適用される。
6.ポイントペナルティは失格に
至らない違反に対し予選ヒート
および決勝ヒートに適用される。
7.失格は次の反則行為に課せられる。
1)規則に反してまたは不当に得たアドバンテージ。
2)故意に自己または他人の安全を
省みることなく行う危険行為。
3)与えられたオフィシャル指示を
故意に無視した際。
4)与えられたフラッグサインの無視。

罰金よりもタイムペナルティの方が
重いんですね。

確かにお金は集めようと思えば
いくらでも集められる。
カートレースやってる人は
割とそういう人多いので、
罰金は比較的軽いのかもしれません。

 (うらやましい、、、)

 

しかし、、、

 

こうして改めてルールを
見てみるとカートをはじめ
モータースポーツは独特な
ルール体系だと感じます。
他の競技の場合、

違反=即失格

という競技が多い。
オリンピックでも
ドーピング検査の結果、
不正が発覚し、メダル剥奪
以降、順位繰り上がり。
というニュースをよく目にします。

「違反が発覚したため、2位に降格」
というニュースは見たことがありません。

 

なぜこんな不可思議なルールが残っているのか。
調べてみると面白いかもしれません。